『亀戸』の地名の由来は?なぜ『かめいど』と読む??

再興した亀々井

東京都江東区にある『亀戸』(かめいど)。なぜ「かめと」ではなく、「かめいど」なのでしょうか?

その昔、亀戸の土地は海に囲まれた島でした。

島の形が亀に似ていたことから『亀島』と呼ばれていたそうです。

島の周囲に土砂が堆積し、他の島と陸続きになった頃には『亀村』へ。

村にあった「亀々井」という井戸と「亀村」が混ざり合い、『亀井戸』と呼ばれ、次第に「井」が抜け『亀戸』となりました。

地名に歴史あり、ですね。

亀島 → 亀村 → 亀々井 → 亀戸

なお、この井戸は現在の亀戸香取神社の敷地内にあったそうで、現在復興されています。

亀戸にいらした際、亀戸香取神社まで是非足を運んでみてください。

亀々井 説明

亀々井 説明

亀々井 恵比寿様・大黒様の像

亀々井 恵比寿様・大黒様の像

再興した亀々井

再興した亀々井


\亀戸香取神社について詳しい記事はこちら/

  • コメント: 0

関連記事

  1. カメリアプラザでできること(亀戸文化センター・亀戸出張所)

  2. 亀戸の100円ショップはここにある!

  3. 亀戸へのアクセス(電車編)

    亀戸はどこにある?亀戸へのアクセスについて【電車編】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

亀戸名物、くず餅


\甘味処『船橋屋』の紹介記事はこちら/

カテゴリ