パン屋

メディアにも取り上げられた、亀戸では馴染みある名店『さとうパン』

亀戸駅から北に向かい、蔵前橋通りを越えた亀戸4丁目に小さなパン屋さん『さとうパン』があります。

お店自体は小さくて目立つ感じではないですが、たびたびメディアにも取り上げられているお店です。

その魅力をご紹介します。

『さとうパン』ってどんなお店?

昭和36年創業。
亀戸で愛されて60年近くになります。
「子どもの頃から通っている」という口コミをたくさん見かけました。

初めて行く人にとっては、ちょっと入りづらく感じるかもしれません。

「営業中」の表示があれば入店OKです。

店内は狭いです。
パンの売り場もこちらのショーケースのみなので、売り切れる前に早めの入店をお勧めします。

『さとうパン』の本日のパン

壁にメニュー表(価格表)がありました。

『さとうパン』のメニュー。とにかくお手頃!

『さとうパン』のパンを食べてみた

コッペパンの評判は聞いていましたので、買おうと決めていました。
しかし、今どのパンが売り場にあるのかわからない…!
(まだメニュー表の存在に気づいていませんでした)

そこで店員の奥様におすすめをお伺いし、気になった3つを購入しました。

小倉あんぱん

『さとうパン』のあんぱん(小倉)

中身のあんこのずっしり感がありました。
味も甘すぎず、とても美味しいです。

ハムカツ

『さとうパン』のハムカツ。見ためはまるで、コッペパンの小さい版。
「ハムカツ」断面図。ソースのかかったハムカツが入っています。

ほんのり甘い生地がとても印象的です。
(生地の下地はしっかりしていますが、上部は比較的ふわふわしていました)
ハムカツとの相性が良いパンに仕上がっています。

コッペパン(ピーナツ)

『さとうパン』のコッペパン

中身のピーナツクリームが溢れていますよね?

こちら、オーダーするとその場でペーストしてもらえるんです!
(他にも、ジャムやバターが選べました)

「コッペパン」断面図。温めると中のクリームがトロっとしてきます。

大きさは、手のひらを広げた指の先から先まであって、これまで亀戸で食べたどのコッペパンよりも断トツで大きいです!
菓子パン2つ分くらいのボリュームがあります。
ピーナツクリームも濃厚で、美味しくいただきました。

『さとうパン』の口コミ

『さとうパン』メディアでの紹介実績

そう、この『さとうパン』、メディアで紹介されたことがあるのです!

  • 出没!アド街ック天国(2014年7月26日放送)
    →詳細はこちらから
  • エイベックス・マネジメント学園動画(2017年3月31日公開)
    (亀戸が地元のEvery Little Thing 持田香織さんが通っていたパン屋さんとして紹介されています!)
    →詳細はこちらから

個人的に、持田さんと同じ「ピーナツバターのコッペパン」をチョイスしていたのがうれしい!!

まとめ

地元亀戸の人にとってはかなり馴染みあるお店のようです。

パンの種類は比較的少ないですが、ひとつひとつが丁寧に作られている感じがしました。

蔵前橋通り沿いには亀戸天神や船橋屋もありますので、お散歩ついでにぜひ『さとうパン」に立ち寄ってみてください。
近くの公園でホッとブレイクタイムにぴったりですよ。

お店情報

店名さとうパン
営業時間6:00~19:00
定休日月曜日
住所東京都江東区亀戸4丁目45-4
地図

   

\亀戸のパン屋まとめはこちら/

亀戸のパン屋まとめ
焼き立てパンを買いに行こう!亀戸のパン屋まとめ焼き立てのパンの香りって幸せの香りですよね〜! 亀戸のパン屋情報をまとめました。お店選びにご活用ください。 王様のかくれ...
ABOUT ME
Naoko
Naoko
三十路OL 兼 フリーライター♪ 感じたことを文字で表現します。楽器で表現するのも好き。西洋の文化芸術にルーツがあると信じている関西人です。
亀戸でのバイト探し・家探し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です