カレー

『タンドールバル カマル2号』は密かに話題の人気店!?日本人にやさしいカレー屋さん

カマル2号

カレーって、時折無性に食べたくなることありませんか?
特にこんな寒い時期には、ピリリとしたスパイスで体をぽかぽかに温めたいものです。

色気より食い気、カレーは幸せホルモンが出ると信じてやまないイケメン女子ライターです。

時は2020年2月14日。世間はバレンタイン。
チョコレートなぞ何のその、日本中の恋する女性の幸せを願うため!(後付け)
「タンドールバル カマル2号」さんを訪れてきました。

はじめに:筆者はカレーに目がない

今回なぜカレーをチョイスしたのかといいますと…
筆者はとにかくカレーが好きなのです。目に入れても痛くない(多分物理的に痛い)
亀戸でカレーというと、この辺が有名です。

マトン・ヴィンダーロ
タイ料理とインド料理を同時に味わえる『DIP PALACE(ディップパレス)亀戸店』タイ料理とインド料理を同時に味わえる『DIP PALACE(ディップパレス)亀戸店』のカレーメニューを中心にご紹介します。...
Café Accha(カフェ・アチャ)
本格インドカレー、アナログレコードなどを楽しむ空間『Café Accha(カフェ・アチャ)』本格インドカレー、またはアナログレコードはお好きですか? 亀戸1丁目にあなたを満足させてくれるお店があるんです! そのお店は...

どちらもとっても魅力的ですよね。とはいえ見ての通り、亀戸プロでは既に素敵なレポ記事が上がってしまっているのです。

ずるい。筆者もカレーが食べたい。

そこで見つけたのが、今回のお店である「タンドールバル カマル2号」さんというわけです。

カマル2号住宅街のど真ん中にある、こちらの看板が目印です。

タンドールバル カマル2号ってどんなお店?

超人気店の姉妹店

なんで2号なんって思いませんか?ナンだけに(黙れ)
実は木場にカマルプールというインド料理屋さんがあり、こちらはその姉妹店なのだそうです。

木場のカマルプールは予約困難なほど人気の有名店!
テレビの「孤独のグルメ」で紹介されたのがきっかけなのだとか。

一方、カマル2号さんは2019年3月にオープンしたばかり。

カマル2号手書きの外観が素敵

これは来るぞ。

どことなく日本人向け

カレー屋さんて大体、インド人が運営していて、
なんとなくお店もきったないそこだけアジアにワープしたかのような空間になっていることが多いと思います。

それに比べてカマル2号さんは、そこはかとなく日本人向けな趣が漂っています。

カマル2号店内
カマル2号店内4名席とカウンター席があります。アジアンな装飾はあるけど…ファミレスっぽい?

内装はもちろん、アジアンテイスト。
ただ、具体的に何がとは言いにくいのですが…良い意味でカレー屋さんぽくない。
なんだろう?清潔感かな?

それとも、店員さんに珍しく日本人の方がいるからでしょうか?
お話できなかったけどイケメンな方でした。一応この日はバレンタインでした。
(何もしてないけど)

まあ、何が言いたいかと申しますと。
日本人には入りやすい雰囲気のお店だなあ、という印象なのです。

チョコ?

そう、筆者が訪れた日は奇しくもバレンタイン。
お店にはカマルチョコなるものがありました。

カマルチョコとても義理で買うにはもったいないお値段です。

インド料理屋にチョコ?しかも予約可能。
スパイス生チョコ…どんなものか気になりますね。

タンドールバル カマル2号のメニュー

カレー屋さんといえば、お得なランチメニュー!

カマル2号追加料金でカスタマイズができます。
ネットではチーズクルチャが人気のようですね。
個人的にはラッシーとカマルラッシーの違いがそこはかとなく気になります。

ディナーメニューもありますが、そこはご多分にもれずディナータイムにカレーだけ頼むと少し高めになります。

ランチメニューは年中無休で提供されているようなので、カマル2号さんのカレーを試してみたい方は、まずはリーズナブルなランチメニューを味わうのがオススメかもしれません。

とはいえ…ディナーメニューにある鯖カレーが気になりすぎる…。

カマルランチを注文!

鯖カレーも気になるけど、ここはやっぱりカマルランチを注文!
カレーは日替わりで味が変わります。

この日のカレーは

辛口:MIXシーフード
中辛:チキン
マイルド:ほうれん草ダルカレー

カマル2号なぜ甘口ではなくマイルドになったんでしょう

カレー好きとしては2種類楽しんでおかなきゃでしょ…!とプラス100円でカレー2種にカスタマイズすることにしました。

ダルカレーとは、豆カレーのことらしいです。
筆者は豆カレーが死ぬほど好きです。
あとほうれん草も好き。つまりこの日のメニューはまさに筆者のためにあるようなもの。

 

 

神様ありがとう。

 

 

すごい辛党なわけではないのですが、マイルドじゃ物足りなさそうだなと思い、辛口とマイルドの2種類にしました。

カマル2号ばばん。

なんというか…量がちょうど良いんです。
いつもナンは大きいほうがわくわくするんですが、実際に食べると結構お腹いっぱいになるので苦しい思いをするんですよね。

カマル2号さんのナンとカレーのセットは、ほどよくお腹を満たしてくれるので、女性にはちょうど良いサイズかと思います。
ライス大盛りは無料なので、たくさん食べたい男性も安心。

あと、カレーも適量でした!
いつもナンが大きすぎるのに、なぜか最後にカレーだけ残ってスプーンですくうハメになるのですが、カマル2号さんのカレーはすっきり食べ切れました。

もちろん味も文句なし!
ほっこりとした食感のダルカレーは、ほうれん草がたっぷりと入ってマイルドな辛さ。
MIXシーフードにも大ぶりのエビがゴロゴロ入っていて、食べごたえ満点です!
ピリリとした辛さとマイルドな辛さとの無限ループを堪能しました。

タンドールバル カマル2号はこんな人におすすめ

4人席もカウンター席もあるので、1人でも家族や友達と一緒でも訪れやすいお店です。
30名程度の貸し切りも対応してくださるようですよ。
カウンター席は、座席が少し狭く感じるかもしれませんが、カウンターのテーブルは広めなので食べているときに窮屈な感じはありません。

カレーの魅力は、注文してからの待ち時間が少ないところにもありますね。
ちょっと忙しいお昼にも、さっと立ち寄ってお腹を満たしやすいです。

ゆったりとした店内で、時間の流れが変わったかのような不思議な体感が味わえるので、ゆっくりランチを堪能したい方にもおすすめです。

タンドールバル カマル2号の口コミ

まとめ

タンドールバル カマル2号さんは、清潔な店内と適切な量、やさしい辛さのカレーで、日本人にやさしいカレー屋さんという印象でした!

今でこそ隠れた名店として息を潜めていますが、行列ができる日も近いかも?!

お店が予約でいっぱいになる前に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

お店情報

店名タンドールバル カマル2号
営業時間ランチ…11:30~14:30(LO 14:00)
ディナー…
月~土曜 17:00~23:00(LO 22:00)
日・祝日 17:00~22:00(LO 21:00)
定休日無し
住所東京都江東区亀戸6丁目-24-8 ニューハウス亀戸1F
地図

   
WEBWEB
ABOUT ME
Saki Yamamoto
Saki Yamamoto
自称イケメン女子ライター。 あっちこっちでいろいろ書いてます。 本と音楽でできています。
亀戸でのバイト探し・家探し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です