イタリアン・フレンチ

気取らないカジュアルさが魅力!フランス料理『デカリー(DECARY)』

亀戸駅の東口から京葉道路をわたってすぐのところに、その隠れ家店はあります。

それが、かわいらしい黄色の外観が目印の『デカリー』です。

料理を見ても楽しい、食べても美味しい、憩いの空間を紹介します。

『デカリー』ってどんなお店?

店名の英語表記 Brasserie「DECARY」ブラッスリーの言葉からもわかるように、
フランス料理でありながら、よりカジュアルで&より大衆的な要素が込められているお店です。

ほど良い上品さ、ほど良いカジュアルさ、どちらも兼ね備えた居心地の良いお店です。

個室にもなる、2組用の小部屋に案内されました。

店内はいくつかの空間に分かれていました。
私の訪問時は、正面口から入る空間は貸切だったため、別の入り口から案内していただきました。

その中にも2つ空間があり、一方では地元の飲み会が開催されていました。

プライベート空間が演出しやすいのも魅力のひとつですね。

『デカリー』のメニュー

メニューの一部を紹介します。

Starter(前菜)だけでこんなにあります!
メインとビーフのメニュー。こちらもたくさんあります。

文字からではイメージできない料理も、スタッフさんに聞くとわかりやすく教えてくれます。

幅広いワインの種類やその他ドリンクメニューについては、公式サイトをご覧ください。

アラカルトで注文

今回注文したメニューを紹介します。

お通しの前菜

本日のお通しは「砂肝のコンフィ」
デカリーでの一口目とだけあって、とても美味しかったです。

お通しの「砂肝のコンフィ」カボチャのソースが添えてあります。

本日の鮮魚のカルパッチョ

2種類の鮮魚を盛り合わせてくれました。
こちらも新鮮で、肉厚プルプルのお魚を楽しめました。

見た目もとっても鮮やかです。

秋田白神さくら馬肉タルタル

目にするまではまったくイメージができなかったのですが、食べるととっても美味しくて、お気に入りのメニューになりました!
タルタルの味が強いのかな?と思ったのですが、しっかり馬肉の美味しさを味わえました。ぜひ一度試してほしいほどです。

ディップする馬肉のタルタルが絶品です。

千葉県産いも豚肩ロースのグリエ

「白インゲン豆のマッシュとシェリーヴィネガーのソース、ハーブを添えて」
口の中から幸せを堪能しました。肉の旨味がギュッと詰まっています。

美味しさがギュッと詰まった豚肩ロースの逸品です。

宮城県ハーブ鶏と根菜のグランメールおばあちゃん風

ハーフサイズでいただきました。
お鍋に入った状態でテーブルに登場。美味しい味がしっかりしみ込んでいました。
「おばあちゃん風」というネーミングを感じる、優しい味わいでした。

どれもやわらかく、何より味が美味しい!

『デカリー』の口コミ

ランチでもハイクオリティ!お腹いっぱい胸いっぱいの、ぜいたくな気分になれそうです。

美味しいハンバーガーが食べられるお店としても人気のようです。

まとめ

実は、地元亀戸民におすすめしてもらって伺ったお店でした。
京葉道路からすぐ入ったところに構える『デカリー』、私は気づかなかったです(泣)。

実際は、とてもカジュアルに楽しめるフランス料理店。

亀戸の土地柄もあって、気取らない店内の雰囲気は、ランチもディナーも気軽に入れるフランクなお店だということがよくわかりました。

訪問した日曜日は満席。
ふたりでまったりもOK、大人数でワイワイもOK。

気配りのできる真摯なスタッフさんが、最高のおもてなしをしてくれます。
美味しいのはもちろん!背伸びせず楽しめるカジュアルなフレンチをお探しの際は、ぜひデカリーに行ってみてください。

お店情報

店名デカリー(DECARY Kameido)
営業時間ランチ 11:30~14:30、ディナー 17:30~21:30
定休日無し
住所東京都江東区亀戸6丁目29-7
地図

   
WEBWEBInstagram
ABOUT ME
Naoko
Naoko
三十路OL 兼 フリーライター♪ 感じたことを文字で表現します。楽器で表現するのも好き。西洋の文化芸術にルーツがあると信じている関西人です。
亀戸でのバイト探し・家探し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です