イタリアン・フレンチ

良い意味で亀戸「らしくない」!?本格フレンチが楽しめる『ARBREVE』(アルブレーブ)

亀戸駅の南側、京葉道路を越えた6丁目に、ちょっと大人な雰囲気のおしゃれなフレンチ・ダイニング・バーがあります。

その名も『ARBREVE(アルブレーブ)』

知る人ぞ知る隠れ家。そこで贅沢なひと時を過ごしてきましたので、『アルブレーブ』の魅力を紹介します。

『アルブレーブ』ってどんなお店?

お店の近くには目立つ目印がないのですが、外観からおしゃれさがあふれ出ています。

お店右側の照明が、ハート形に光っているのがポイントです

最初は「こんなところに、こんなお店が?!」と驚きました。
ですが、亀戸住民はわりと知っているお店のようです。

私も友達2人からオススメされて、行ってきました!

白基調のゆったりした空間。カウンター席、ソファー席、テーブル席があります。

デートでも、女子会でも、グループでも、このおしゃれな空間を堪能することができます。
結婚式の二次会や、お祝い事にもぴったりです。

総席数45席の空間は結婚式二次会や貸切パーティなどの大型のご宴会などに最適です。料理はフレンチをベースにシェフ渾身の創作料理をご提供しております。
※公式サイトより

翌朝5時まで営業しているので、時間を忘れてゆっくりくつろげます。
バーとして利用するにも最適です!

『アルブレーブ』のメニュー

フレンチだけに、ドリンクの種類がとにかく豊富です。
メニューのページ数がありすぎて、写真におさまりきらないほど!
→詳しくは公式サイトでご確認を!
この日のオススメ・ワインリストは、こちらでした。

ワインリスト。これ以外にも、通常メニューには各種アルコールがありました。

食事も豊富!
(※写真の文字が小さいので、こちらもぜひ公式サイトをチェックしてみてください)

前菜、肉・魚料理、ピザ・パスタがこちら
デザート、バーフード、コース料理がこちら

※仕入れ状況によって、いくつかオーダー不可のものがありました。

コースも、様々な価格帯で提供いただけます!

  • 3,000円(カジュアルフレンチコース)
  • 5,000円(おすすめフレンチコース)
  • 8,000円(贅沢フレンチコース)

楽しみ方まで様々です。

アラカルトで注文!

今回は、アラカルトでいろいろ食べてみることにしました。

ワインが飲めない私はカクテルで。初めてのアプリコットクーラー
前菜より「フォアグラのポワレ キャラメルソース」
魚料理より「鮮魚のヴァプール、サフランソース」
パスタより「海老とクリームのアメリケーヌソースパスタ」

とにかくどれも美味しく、本格フレンチを堪能できます。

『アルブレーブ』の口コミ

SNSに投稿されているアルブレーブの情報を、一部紹介します。

まとめ

下町というイメージが強い亀戸に、素敵なおしゃれ空間。
そんな本格フレンチが気軽に楽しめるというのは、亀戸らしいかもしれません。

お祝い事、パーティ時にも、贅沢に使えてしまう隠れ家。

ですが、決して敷居が高いわけではなく、
実は過去に、亀戸中央公園での夏祭りに出店されていたこともありました。

フレンチを、亀戸で、気兼ねなく楽しめる。
この「らしくない」特別な空間を味わってみてください。

お店情報

店名ARBREVE(アルブレーブ)
営業時間18:00~翌5:00
定休日火曜日
住所東京都江東区亀戸6丁目10-3
地図

   
WEBWEBInstagram
ABOUT ME
Naoko
Naoko
三十路OL 兼 フリーライター♪ 感じたことを文字で表現します。楽器で表現するのも好き。西洋の文化芸術にルーツがあると信じている関西人です。
亀戸でのバイト探し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です