インタビュー

元大使館シェフが亀戸でお店を出している理由(ブリエ パルファン藤瀬さん)

亀戸駅の北口出て左手方面、亀戸2丁目に

Briller parfum(ブリエ パルファン)

というお店があります。
昼はイタリアン夜はフレンチのお店☆彡

オーナーであり、シェフの藤瀬さんは、亀戸にお店を構えて10年以上!
経歴やお店のこだわり、料理への愛情を、知れば知るほど「食べに行きたくなる」♪

そんな藤瀬さんに「その道のプロ」としてお話を聞いてきました!

にこやかに取材に応じてくださった藤瀬さん。早速インタビュー開始です!

【経歴】夢を実現してきたのは、すべて人のご縁!

藤瀬さんの料理人としての経歴は、ざっくり区分すると

  1. 下積み時代
  2. 大使館時代
  3. 亀戸出店時代

に分けられます♪

目まぐるしい!下積み時代

藤瀬さんの料理人人生は、なんと高校生のアルバイト時代から始まります!

年齢料理の種類仕事のきっかけ辞めた理由
高校生居酒屋給与を良くするため次の職場が決まる
高校生寿司屋(配達専門)友人の紹介(人手が欲しい)酢の匂いから離れたい(笑)
18歳フレンチレストラン②の店長の紹介中間管理職は合わない
22歳和食屋知人の紹介(人手が欲しい)次の職場が決まる
ホテルの中華④の時の業者の引き抜き料理長とケンカ(笑)
25歳イタリアン就活時の面接官の引き抜き大使館で働く!!

合計6つの料理店で、和食、中華、フレンチ、イタリアンを経験されました!

描いた夢が実現!大使館時代

ひょんなことから藤瀬さんは、公邸料理人つまり「大使館シェフ」という仕事を知ります。
これが、藤瀬さんの願望をパーッと広げたのです!!

「自分も、大使館で働きたい!」

それから2年半かけて、語り続けた夢の先にご縁がつながり、見事、外務省での公邸料理人の面接までこぎつけたのです!そこから、

  1. ロシアの総領事館で3年
  2. ウズベキスタンの大使館で3年

合計6年の公邸料理人としてのキャリアを積むのでした。

そこで藤瀬さんは、大使のご希望に添うおもてなし(接宴)をより良くするために、なんと過去のすべてのレシピを捨てたのです
毎朝市場に通い、現地の食材を生かし、記憶を頼りながらもその場で美味しいものを作り出す藤瀬さんの料理は、各国のお客様の間で評判となっていきます。この経験が、間違いなく今の味に生きていると言います。

大使の信頼もあつく、ウズベキスタンも大使の同行依頼で実現したのだそうです。

地元 亀戸で再出発!お客様によって育まれるお店

33歳で帰国した藤瀬さんは、料理長として再就職していましたが、ある日元同僚に
「お前、情けないな」
「なんで自分でお店やらないんだ」

と言われた言葉をきっかけに、自分でお店を出すことを決めました。
様々な人の力を借りて、地元亀戸で出店したのです♪

ですが、これが大失敗!
大通り沿いのお店にもかかわらず、なかなか集客できず売り上げが上がらない。。
困難が続き、結局1年でお店を閉めようと決めた藤瀬さん。

最終日、足しげく通ってくれた常連の女の子に、
「お店、締めちゃうんですね、さみしい

と言われたこの一言に、藤瀬さんは

「おれ、辞めちゃいけないんだ!」
と思い返したのだそうです。

そこからの藤瀬さんのバカ力がすごい!
新たに亀戸で物件を探し、難航していた資金繰りもカツカツながらかき集め、前のお店の反省も活かし、新しい場所にこじんまりとしたアットホームな、今の「ブリエ パルファン」を作り上げたのです。

取材の途中、スタッフさんにまかないを出されました。まかないでこのクオリティ!!

教えて!藤瀬さんの「ここが知りたい!」

ここからは、藤瀬さんの経歴を踏まえて、気になる料理お店について聞いていきます!

藤瀬さんの、亀戸に対する想いとは?

Naoko.T
Naoko.T
店名の「ブリエ パルファン」とはどういう意味ですか?
藤瀬さん
藤瀬さん
フランス語で、ブリエ(briller)は「輝く」、パルファン(parfum)は「香り」という意味なんです。正しい文法ではないのですが、語呂がいいので気に入っています。

ただ、よく覚えにくいとご意見をいただくので、わかりやすく「亀戸の藤瀬」にしようかな(笑)。検討中です。

Naoko.T
Naoko.T
亀戸にお店を出した理由は?地元だから?
藤瀬さん
藤瀬さん
もちろん、それもあります。
外務省の知人が多いので、よく「都心に出してくれたら良かったのに」と言われます。
また「お金は出すから、都心に2店舗目を出そう」と提案いただいたこともあります。

でも僕は、やっぱり亀戸なんですよ。
店長が「終電あるんで帰ります」「バイクなんで飲めません」というのは違うと思って。
ここは、恩返しの場所なんです。「さみしい」と言ってくれた方がいて、ここがある。ここの料理は、僕が出す。じゃなきゃ意味がないと思っています。

Naoko.T
Naoko.T
地元であり、お店も出している亀戸は、藤瀬さんから見てどんな街?
藤瀬さん
藤瀬さん
一言でいうと「気取っていない」「等身大」な街ですね。
人によって、合わせてくれる街。
個性に近づいてくれる街。

個人的には、まさに「庭」ですよ。
5分も歩けば知り合いに会います(笑)。
近所の商売人は、だいたい知り合いです。

藤瀬さんの「夢を現実にする」達成の秘訣は?

Naoko.T
Naoko.T
大使館勤務も、自分のお店を出すのも、藤瀬さんは想い描いた夢をかなえてこられています。何か「だからうまくいった」と思うものはありますか?
藤瀬さん
藤瀬さん
特に自覚はないんですが、強いて言うなら「こうしたい!」とやりたいことがあるときは、人に言うようにしています。

自分一人だと、弱いし、優柔不断なんだけど、人に言うことで「引けない自分」を作るんです。情けない姿を人に見せたくないんですよね、それが力となって、「言ったことやる人」っていう強い自分ができていきます。中身は弱いんだけどね。

Naoko.T
Naoko.T
それでも、「もう無理ー!」ということがきっと何度もあったと思いますが、どう乗り越えてきたのですか?
藤瀬さん
藤瀬さん
そう、無理なものは無理なんです。(笑)
ただ、だから「今の自分に何ができるか」を考えるんです。高いところを見るから「できない」が出てくる。できることでしか人は進めないと思うんです。逃げなきゃいい。
Naoko.T
Naoko.T
なるほど。では、藤瀬さんに失敗はなかった?
藤瀬さん
藤瀬さん
そうですね。失敗じゃなくて、経験があるだけだと思っています。

はたから見たら失敗に見えるかもしれないことも、何もしてない人に言われたくないですよね。(笑)
会社員の人が知らないことを、僕は知っている!そう強く言い聞かせています。
ただ、多くの人がやらないことをやるには、勇気と覚悟は必要だと思っています。
叶えたい想いが強いだけ。だから想ったことは全部できた!

藤瀬さんのオススメのメニューとお店は?

Naoko.T
Naoko.T
ずばり!「ブリエ パルファン」のオススメメニューはなんですか?
藤瀬さん
藤瀬さん
牛ひれ!は殿堂入りとして(笑)
今は「えびのクリームソースリゾット」ですね。
作り手としては、とにかく使うえびの量も多いし、すごい手間もかかるんですが、お客様のリピート率が高いメニューですね。ありがとうございます。

藤瀬さん
藤瀬さん
あとは、「カルパッチョ」ですね。
3日連続食べに来た方がいます。
魚の皮をパリパリに焼いてるんですよ。
Naoko.T
Naoko.T
珍しいですね!それは藤瀬さんのこだわりですか?
藤瀬さん
藤瀬さん
食材を活かすのはもちろん!
あと、僕の料理のポリシーは余熱です。
火加減が、料理の8割9割を決めると思っています。
火加減にはうるさいですよ、そこしか見ていません。
調理中の藤瀬さん。火へのこだわりを感じました!
Naoko.T
Naoko.T
最後に、ぜひ一言お願いします!
藤瀬さん
藤瀬さん
僕は、人に助けられています。
強い人に映っているかもしれないけど、僕の力なんて2割。人のご縁と助け、後押しが8割です。

きっかけに恵まれました。縁は、その時はどうなるかなんてわからない。
だからこそ、きっかけがあって人は動くんだと思います。

まとめ

取材でお邪魔した日も満席でした!
閉店後にインタビューのお時間をいただきましたが、藤瀬さんはまったく疲れを見せず、終始にこやかに、ありとあらゆるお話をしてくださいました。

とてもあたたかく、おしゃべりで、気さくな方でした!

「本1冊じゃおさまらない!」と感じたほど、料理の道でたくさんの経験をされて、ここ亀戸でお店をされています。

「人に助けられた」経験がたくさんあるからこそ、あたたかくおもてなししてくださるんだと感じました。

そして、とにかく亀戸に詳しい!
聞けば聞くほど、知れば知るほどハマってしまう藤瀬さん♪
そんな藤瀬さんの愛情たっぷりに育まれたお店「ブリエ パルファン」にぜひ一度お立ち寄りください!
もっとたくさんのお話を、きっと教えてくれますよ♪

お店情報

店名ブリエ パルファン(Briller parfum)
営業時間11:30~14:00(L.O)
18:00~22:00(L.O)
定休日日曜日・祝日の月曜日
住所東京都江東区亀戸2-12-1 クレストコート小島 1F西側
地図

   
WEBWEB
取材が終わったのは深夜!たくさんの貴重なお話をありがとうございました!
ABOUT ME
Naoko
Naoko
三十路OL 兼 フリーライター♪ 感じたことを文字で表現します。楽器で表現するのも好き。西洋の文化芸術にルーツがあると信じている関西人です。
亀戸ニュースのネタ募集中

亀戸ニュースとして取り上げて欲しい情報を募集しています。
もしありましたら、TwitterなどのSNS、またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。
※必ず載るとは限りません。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です