寺院

光明寺

光明寺

宗派

天台宗

歴史

1555年に僧慈宏が創建、亀命山遍照院と号す。

境内には寛永5年(1628年)区内でも古い年号を持つ宝篋印塔、延宝4年(1676年)の庚申塔、越後国(新潟県)新発田藩主溝口宣広奉納の寛永寺旧蔵石造燈籠、浮世絵の第一人者と称された二世歌川豊国(国貞1786-1864)の墓などがある。

所在地

東京都江東区亀戸3丁目42-1

   

有形文化財

建造物

  • 石造燈籠 溝口宣広奉納寛永寺旧蔵(1982年3月15日)
  • 石造宝篋印塔 寛永5年在銘(1987年3月26日)

彫刻

  • 木造阿弥陀如来坐像(1990年3月28日)
  • 木造十一面観音立像二躯(1995年3月28日)

歴史資料

  • 松植紀年之碑・大正5年在銘(1996年3月22日)
  • 市場通笑碑(1997年3月28日)
  • 延命地蔵尊碑・文久3年在銘(1997年3月28日)

史跡

  • 歌川豊国(国貞)墓(1981年4月10日)

有形民俗文化財

  • 庚申塔・延宝4年在銘(1983年5月31日)
  • 水盤・文化10年在銘(1985年3月25日)
ABOUT ME
國光 健太郎
國光 健太郎
亀戸プロの編集長やっています。 3児のパパ。夜な夜な亀戸の酒場に現れます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です