寺院

亀戸七福神、毘沙門天を祀っている『東覚寺』

東覚寺

宗派

真言宗智山派

歴史

玄覚法印が享禄4年(1531)創建、明治34年(1901)に深川本村町の法号山覚王寺と合併、法号山と改号した。

本尊は大日如来と阿弥陀如来を安置し、江戸時代には当寺の不動尊が有名となった。

それは、東大寺別当良弁(689~773)の作で、大山寺(神奈川県)本尊と同木同作といわれ、亀戸不動として信仰をあつめた。

御府内88ヶ所霊場73番札所、荒川辺88ヶ所霊場5番札所。

亀戸七福神のうち弁財天を祀る。

亀戸七福神のうち弁財天を祀る亀戸七福神のうち弁財天を祀る

所在地

東京都江東区亀戸4丁目24-1

   

有形文化財

建造物

  • 石造燈籠 金森頼時奉納寛永寺旧蔵(1983年3月25日)
  • 石造五輪塔 天保10年在銘(1983年3月25日)
  • 石造五輪塔 元禄13年在銘(1988年3月24日)
  • 石造宝篋印塔 弘法大師千五十年忌(1984年3月26日)

彫刻

  • 厨子入木造不動三尊像(1989年3月24日)

歴史資料

  • 是心軒一露居士碑・明治32年在銘(1993年3月29日)

有形民俗文化財

  • 不動明王標柱(1982年3月15日)
  • 覚王寺札所碑(1982年3月15日)
  • 庚申塔(1983年5月31日)
  • 観音逆修供養塔(1988年3月24日)
  • 観音供養塔・寛文9年在銘(1988年3月24日)
ABOUT ME
國光 健太郎
國光 健太郎
亀戸プロの編集長やっています。 3児のパパ。夜な夜な亀戸の酒場に現れます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です