スポット

インスタで話題の『天使の羽』、実は亀戸にあるって知ってた?

まるで自分が天使になれたような写真がとれちゃう、『天使の羽』アート。

ちょっと前のことになりますけど、インスタ映え好きな女子の間で流行りましたね。
今でもインスタやLINEのアイコンなんかでよく見かけます。
一度はやってみたい!と思った方も多いのではないでしょうか。

筆者も女子の端くれなので(?)
ちょっと憧れがあったのです。

そしてなんと…見つけました。
亀戸に天使の羽!!!

その名も『エンジェルウィングスプロジェクト』

天使の羽のアートは、実は『Global Angel Wings Project』という名のもとに描かれたもの。

2012年にColette Miller(コレット・ミラー)さんというアメリカのアーティストがスタートして、今や世界的なプロジェクトになっています。

『天使の羽』は平和の象徴。
『Global Angel Wings Project』で描かれた羽のアートは、「私たちはみんな地球に生まれ落ちた天使である」ことを意味しています。

羽の絵の前で写真を撮った人に、一瞬でもハッピーな気持ちを感じてほしい、という想いから、世界中で描き続けているのだとか。
まさに今、必要なプロジェクトかもしれませんね。

世界的なプロジェクトに亀戸が参戦?

そんな世界を巻き込む一大プロジェクトに亀戸がかかわってるなんて、一体誰が想像できたでしょう。

だって世間で見かける天使の羽といえば、横浜やお台場にあるイメージです。
亀戸は素敵な街だけど、なんか魅力はそこじゃないというか、ね?
「天使の羽 写真スポット」のまとめ記事とかたくさんありますけど、亀戸がピックアップされてるの見たことないし…と思っていました。

 

あった。

こちらの記事によると、2019年に描かれたものだそうです。
なるほど、比較的最近だから紹介されている記事も少なかったのかもしれません。

まさかの場所にあった

早速行ってみることにしました。
なになに場所は…亀戸駅を出て京葉道路沿いの…

角にあるお店、魚河岸素材厨房 魚HIDEさんの手前の小道。
…えっ?

まさかのここ?!

ありました。まぎれもなくコレット・ミラーさんが描かれた『天使の羽』です。

サインもばっちり。

来るとわかるのですが…ほんと道路沿いのちょっとした建物の間にありまして…
特に観光地ってわけでもないし人通りもそこそこある。
もっと開けた場所をイメージしていた筆者は拍子抜けしました。

なんでここにしたんだろう……

まあ、駅近なので帰り道にふらっと寄りやすいかもしれませんね。
あるいは近くのお店で楽しく飲んで、帰りに酔った勢いでパシャ☆
とかはあるかもしれません。

撮ってみるとこんな感じ

せっかく来たので撮ってみました。

※元が暗すぎたので少し明るめに加工してます笑

思い描いてたインスタ女子と違う(笑)
この日寒かったとはいえ、服装が暗めなのがまずかったですね…。
天使というか闇よりの使者じみてしまった。
いや、これは被写体である筆者に責任があるのですが。

まとめ

世界的アートの『天使の羽』は亀戸でも撮影できちゃいます!

インスタ女子のみなさんも
亀戸在住のみなさんも
みんな一緒にハッピーになりましょ♪

スポット情報

店名Global Angel Wings Project
営業時間年中無休
定休日年中無休
住所東京都江東区亀戸6丁目59-7
地図

ABOUT ME
Saki Yamamoto
自称イケメン女子ライター。 あっちこっちでいろいろ書いてます。 本と音楽でできています。
亀戸ニュースのネタ募集中

亀戸ニュースとして取り上げて欲しい情報を募集しています。
もしありましたら、TwitterなどのSNS、またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。
※必ず載るとは限りません。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。