豆知識

レトロな感じがたまらない!東武亀戸線レポ

亀戸といえば、JR亀戸駅!

JR秋葉原駅から、電車で約10分。

隣駅は錦糸町で、スカイツリーもとっても近い♪
(詳しくは、こちらから!)
[clink url=”https://kameido.pro/tips/access-by-train/454/”]

そんな亀戸には、実はもうひとつ路線があるんです!!

ご存知でしたか?

東武亀戸線を!!

今回は、この何気に便利な東武亀戸線についてご紹介します♪

東武亀戸線は、ここを走っている!

東武亀戸線は東武鉄道が1904年に開通させた、江東区と墨田区に走る2両編成の電車です♪

昭和30年代の標準色カラーリングや、昭和30年代の試験塗装色をイメージしたカラーリングの車両が走ります。

レトロな感じを味わえます♪

止まる駅は以下の通り。

  1. 亀戸駅(江東区)
  2. 亀戸水神駅(江東区)
  3. 東あずま駅(墨田区)
  4. 小村井駅(墨田区)
  5. 曳舟駅(墨田区)

この、たったの5駅、亀戸・曳舟間を約10分ごとに運行しています。

亀戸駅ではJR線に、曳舟駅では東武スカイツリーラインに、それぞれ乗り換えができます♪

特に曳舟駅まで出ると、1回の乗り換えで浅草駅北千住駅にすぐたどり着けるので、とっても便利な路線なのです!

東武線の亀戸駅

JR亀戸駅の北口改札を出てすぐに、東武線の乗り場があります。

東武亀戸線の始発駅、亀戸

   

出勤ラッシュ時、帰宅ラッシュ時、また土日は結構混み合います。

東武線の亀戸水神駅

東武亀戸線の亀戸水神駅。すぐ横には踏切があります。

   

亀戸駅からも、徒歩で15分ほどです。
亀戸中央公園に行く際は、この駅が便利です♪
[clink url=”https://kameido.pro/spot/kameido-central-park/1674/”]

東武亀戸線に乗ってみた

東武亀戸線の車両。2両編成。黄色の他に、緑や白のボディの車両もあります。

実際に、最近私が東武亀戸線に乗る機会があったので、その景色を簡単にレポートしたいと思います♪

亀戸水神駅⇒曳舟駅

に向かう一部始終です!

亀戸水神駅のホームに進入!

亀戸水神駅に進入してきた曳舟行の亀戸線。

向かいのホームは亀戸行き。
1駅のため、乗客は少なめ。
私のいた曳舟行のホームには15人ほど待っていました。

踏切を通過!

亀戸水神駅すぐの踏切。ここをまっすぐ行くと、奥に見えるのは亀戸中央公園です。

東武亀戸線は、住宅街の中を走り抜けていきます。
亀戸エリアでも踏切箇所が多く、亀戸線の2両編成を見かけることが時々あります。

亀戸線車両から見た風景

亀戸線の車両内から見た風景。2車線が住宅街を走ります。

先頭車両から見た景色です。
おだやかな街並みを見ながら進みます。

さいごに

亀戸住民の方や亀戸線ユーザーにとってはお馴染みの沿線ですが、知らなかった人も多いのではないでしょうか?

昭和レトロを感じる車両にのって旅するのも趣きがありますよ。

ぜひこれを機に5駅のみを走る2両編成「東武亀戸線」に乗ってみてください♪

ABOUT ME
しぐなる
しぐなる
三十路OL 兼 見習いライター♪ 感じたことを文字で表現します。関西と文化芸術娯楽エンタメが好きです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です