インタビュー

くすっと笑える漫画で世の中をハッピーに!亀戸で活動する『漫画家あきこ』さんが漫画に込める想いとは?

今回ご紹介するのは、亀戸で活動する『漫画家あきこ』さんです。

どんな作品なのか、漫画を描き始めた経緯、どういう想いを込めて描いているのか。

漫画家としてプロデュースしている仲野さんを交え、お話を伺いました。

なお、今回の取材で使用させて頂いた場所は、ローズカフェさんです。
あきこさんの作品が飾ってあるので是非足を運んでみてください。

漫画を描き始めた経緯

(左)漫画家あきこさん、(右)プロデューサーの仲野さん(左)漫画家あきこさん
(右)プロデューサーの仲野さん

※注釈:あきこさん、仲野さんは船橋屋の従業員で共に仕事をする間柄。
仲野さんについてはインタビュー記事があるので、彼女の想いについてはこちらをご覧ください。

船橋屋・インタビュー(仲野さん)
【船橋屋インタビュー vol.4】船橋屋は健康提案企業!それを体現する仲野さん 創業200年のくず餅屋である「船橋屋」。 亀戸を代表する老舗企業です。 今回、執行役員の佐藤さんをはじめ、部長クラス、中...
編集長
編集長
子どもの頃から漫画を描いていたのですか?
漫画家あきこ
漫画家あきこ
小さい頃から落書きが大好きでいろいろ描いてました。
仲野さんのプロデュースで最近一層描くようになってきました。

いまでも漫画を公開するのはドキドキします。
けれど、面白いよ!私も描いてよ!という声を聞けて本当に良かったと思います。

編集長
編集長
仲野さんがプロデュースはじめたのはどういう経緯なのですか?
漫画家あきこ
漫画家あきこ
私がLINEスタンプを自作していることや、Twitterで漫画を投稿しているのを話したら…あれよあれよと漫画家としてプロデュースされています(笑)

お陰で自分らしさを出せるようになり、仲野さんには本当に感謝です。

プロデューサー仲野
プロデューサー仲野
もっと感謝してもいいわよ。
あきこさんと仲野さんあきこさんと仲野さん
漫画家あきこ
漫画家あきこ
感謝してますよーーーー…って写真、私より目立ってませんか?

漫画に込める想いとは

漫画家あきこ
漫画家あきこ
「〜ねばらなぬ」の「ねば」を取り除いていきたい。

そうすることで、楽しく仕事ができると思うし、その結果、自然と感謝の念が生まれると思うんです。

漫画家あきこ
漫画家あきこ
私の漫画を読んでくすっと笑って、少しでも幸せに感じる人が増えると世の中ハッピーになると思うし、そういう想いで漫画を描いています。

あれはダメ、これはダメ、という感じだと私は描けなくなちゃうんです。

漫画家あきこ
漫画家あきこ
だから、これからも自由に楽しく作品を作っていきます。

4コマ漫画

某Instagramでも投稿されている4コマ漫画…今回の取材バージョンということで2作品を描いて頂きました!
ありがとうございます☆彡

4コママンガ・前編4コママンガ・前編
4コママンガ・後編4コママンガ・後編
編集長
編集長
後光(笑)
漫画にしていただくのって本当に嬉しいです。もっと描いて

イラストも描いています

4コマ漫画だけでなく、お店の外観などのイラストも描いていらっしゃるとのこと。

取材で使わせて頂いたローズカフェのイラストもあります。
ローズカフェ店内に飾ってあるので是非ご覧になってください!

漫画家あきこ
漫画家あきこ
イラストだとお店の人が喜ぶし、お客さんがお店の絵を描くのはお店が愛されている証にもなると思うんです。
ローズカフェの外観を描いた絵ローズカフェの外観を描いた絵

まとめ

インタビューの様子インタビューの様子

自由にのびのびと。本当に楽しく描いている感じが伝わってきました。

ローズカフェのマスターも、「あきこさんの作品を店内に飾る…個展ほど固くない感じでやるのも面白いね」と言ってました。

あきこさんへの仕事の依頼などについては、こちらのアカウントのダイレクトメッセージで送って頂ますようお願いします。

インタビュー中の様子(あきこ)私ちゃんと喋れたかなー?
(仲野)ばっちりよ!あきこ。

 

(追記)後日談についても描いて頂きました!ありがとうございます!

ABOUT ME
國光 健太郎
國光 健太郎
亀戸プロの編集長やっている3児のパパです。 システムエンジニア、ライター、動画クリエイターetc肩書が多いです。 生まれも育ちも亀戸…と言いたいところですが、転勤族でこどもの頃から日本各地を転々としてきました。今は亀戸に住んでいます。 夜な夜な亀戸の酒場に現れます。
亀戸でのバイト探し・家探し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です