インタビュー

【船橋屋インタビュー vol.2】とにかく仕事が楽しいと熱く語る新人の今西さん

創業200年のくず餅屋である「船橋屋」。
亀戸を代表する老舗企業です。

今回、執行役員の佐藤さんをはじめ、部長クラス、中堅リーダー、新入社員、パートさんまで、総勢6名の従業員にお話を伺うことができました。

歴史があるだけじゃない
社長がすごいだけじゃない
くず餅が美味しいだけじゃない

「いま」この瞬間、各所で輝く従業員の熱き思いをお届けします。

続いては新入社員ふたり目、今西さん

船橋屋のくず餅との出会いや、入社する前から本店でアルバイトもして、働くことが楽しいと熱く語るその理由についてお聞きしました。

【今西さんプロフィール】
月岡さんと同期の、2019年4月入社の新入社員。
大学3年生で腸の病気にかかり、食事制限中に船橋屋のくず餅を食べ感動。
内定をもらった後、仕事に早く慣れるようにと入社前から本店でアルバイトをし、「100年企業フェスティバル」の船橋屋代表に大抜擢されました。

食事制限で出会った船橋屋の「くず餅」に感動

船橋屋・インタビュー(今西さん)船橋屋・インタビュー(今西さん)
Naoko
Naoko
船橋屋との出会いを教えて頂けますか?
今西さん
今西さん
就活前の大学3年生の時に、病気をして腸の手術をしたんです。そのときに食事制限があって、それがすごくつらくて…。

そんなとき母親が「これだったらお腹にも良いよ」と言って船橋屋のくず餅を買ってきてくれたんです。

そのとき初めて食べたくず餅がすごく美味しくて!つらいリハビリ中でも、僕はくず餅に救われたんです。

今西さん
今西さん
ただ、そのときは就職したいという思いはなくて。

就活が始まって、リクナビで船橋屋を見つけて、あのくず餅の会社だよな~というぐらい。

ちょうどスケジュールも空いていたので、説明会に行ってみようか!というところからですね。

Naoko
Naoko
実際、説明会に行ってみてどうでした?
今西さん
今西さん
漠然と、社会ってかたいイメージがあったんですけど、船橋屋はいい意味ですごくやわらかい印象を受けました。

会社の雰囲気もやわらかいし、人としてすごくいい人たちなんだろうなっていうのを、説明会の中から感じていました。

今西さん
今西さん
縁あって、同時に公務員のほうも進めていたんですけど、船橋屋の魅力にガンガンに惹かれていました。

まだ選考途中なのに、直感ですが「絶対ここに入れる!」っていう確信があって、公務員のほうは早々にお断りをしました。

今西さん
今西さん
くず餅に、船橋屋にすごく感謝してるんです。つらいところから自分を救ってくれて、病気をしてからの人生いまが一番楽しいです。

病気も、これからもずっと付き合っていく病気なんですけど、船橋屋に入る前は、「なんで僕だけこんなつらい思いを」って思ってたんですけど、最近はすごくいい友達だなって思っています。

いろいろ気づけたことが多いので、病気になって良かったなって思います。

入社前から船橋屋の一員!「100年企業フェスティバル」に参画

今西さんのことと、この「100年企業フェスティバル「100フェス」」のことは、事前に佐藤執行役員からお話を伺っていました。

執行役員・佐藤さん
執行役員・佐藤さん
「100年企業フェスティバル」といって、家政学院大とプロジェクトを組んで、100年企業とイベントを構築しています。
そこでは、100年企業が何社か集まって、各社必ず社員を1名出して、若手社員と学生がチームを組みます。

そこでウチからは、当時内定者の今西をチームに入れました。彼は今も、100年企業の方と学生と一緒に取り組んでいます。

めっちゃいい子ですよ。会えばわかります。

Naoko
Naoko
内定時代から、そのプロジェクトに関わっていると聞きました。入社する前から会社のプロジェクトに関わるってすごいですね!
今西さん
今西さん
そうですね。ちょうど去年の8月から本店でアルバイトをさせてもらっていたんです。

それで、入社前の2月あたりに、採用担当からこの話をいただいて、「100年企業フェスティバル」に参画させていただいています。

Naoko
Naoko
今も継続してるんですか?
今西さん
今西さん
はい、イベント当日が11月30日なので、今ちょうど追い込みです。
Naoko
Naoko
内定時代に、本店でアルバイトを始めた背景を教えて頂けますか?
今西さん
今西さん
一番は、体調を考慮してのことです。

入社してから体調を崩すのは避けたかったので、少しでも環境になじんでおきたかったから。

でも、働けば働くほど、働くのが楽しすぎて!

家に帰ってごはんを食べているときに、「あー仕事行きたいわ」って言うと、母に「さっき行ってきたでしょ」って。母は体調が心配だから。

それぐらい、良いところに出会わせていただいたなと思っています。

仕事が「楽しい!」と思える理由

船橋屋で働くのが楽しいと熱く語る今西さん船橋屋で働くのが楽しいと熱く語る今西さん
Naoko
Naoko
「働くのが楽しすぎて!」なんて私が社会人7ヶ月目のころは楽しいと感じる余裕はなかったですね…
そこまで仕事が楽しいと思う理由は何だと思いますか?
今西さん
今西さん
入社する前から本店が大好きで、くず餅も好きで、仕事も大好き。

僕もその理由をずっと考えているんですが、ひとつあるのは、くず餅に対する共通の思いがあることじゃないでしょうか。

くず餅に一緒に携われている、くず餅が好きっていう共通の思いを持っている、そういう人がいっぱい集まった会社だからだと思います。

だから、こちらも相手のことを好きになれるし、そしたら相手も好きを返してくれる。そういう環境が、すごく良いところだと思いますね。

Naoko
Naoko
ほんと、船橋屋の人は、くず餅大好き、船橋屋大好き、佐藤さん・社長大好きですよね
今西さん
今西さん
いや、ほんと皆さんすごいです。

佐藤さんも船橋屋愛ハンパないですし。

そんな人と一緒に働けるのはすごく貴重だから、いつか近くで働いてみたいです。

渡辺社長も、あれだけエネルギー高く、影響力があって!

説明会でお会いした時も、社長かっこいいなって、こういう人から学んで自分も成長したいなって思いました。

社長は、人のこと考えてて、ちゃんと受け入れてくれて、返してくれて、すごく優しい方だと思います。

日頃の船橋屋、これからの船橋屋に馳せる想い

伝説のパートを目指す仲野さんとのツーショット伝説のパートを目指す仲野さんとのツーショット
Naoko
Naoko
普段、仕事で意識していることは?
今西さん
今西さん
何かの本で読んだんです、「目の前にいるのはお客様ひとりかもしれないけど、その人が持っているつながりは統計的に100人~150人もある」。

だから、そのつながりの人たちにも届くように、接客時の丁寧さや熱量も最大限であろうと思っています。

表情や声も意識して、あの販売の人から買って良かったなと思われる店員さんになれるように心がけています。

Naoko
Naoko
最後に、これからの船橋屋をこうしていきたい!という想いはありますか?
今西さん
今西さん
自分が腸の病気をして、くず餅を食べて、船橋屋で働いていることが、くず餅の魅力、強さ、機能性を証明できるひとつの形だと思うんです。

だから、当たり前のことかもしれないけど、毎日健康で過ごすとか、楽しく過ごすとか、それ自体がくず餅にできる恩返しだと思っています。

腸の病気があるのに、くず餅を食べてあんなに健康に生活できるんだっていう姿が、1個のくず餅のすごさを伝えられると思うんです。

だから毎日気を付けて生活して、これからくずもちの機能性を世に打ち出していくときに、自分がひとつの証明になれたらいいなと思っています。

編集者あとがき

とにかく仕事が楽しいと語る今西さん。

彼の学生時代の同級生たちと近況を話すと「今西は楽しそうに仕事して羨ましいわ」とよく言われるそうです。

いやー私は新人の頃、こんなに楽しく仕事していなかったですね(笑)

他の船橋屋のインタビュー記事も是非ご覧になってくださいね☆彡

【船橋屋インタビュー vol.1】明るい笑顔が素敵な新人の月岡さん
【船橋屋インタビュー vol.3】くず餅大好き!仕事大好き!営業企画部の舘野さん
【船橋屋インタビュー vol.4】船橋屋は健康提案企業!それを体現する仲野さん
【船橋屋インタビュー vol.5】くず餅生産量をコントロールするベテランの小野寺さん
【船橋屋インタビュー vol.6】愛社精神ナンバー1!エネルギーあふれる執行役員の佐藤さん

\くず餅はオンラインショップでも買えるんです!!/

\船橋屋の社員の愛はどこから!?ヒントは渡辺社長の本に!/

\船橋屋本店の紹介記事も読んでね/

亀戸天神に行ったら、甘味処『船橋屋』に立ち寄ろう!亀戸天神に訪れた際には、 ぜひぜひ!立ち寄ってもらいたいお店があります☆彡 それは、、 元祖くず餅 船橋屋 でーーーす! ...
ABOUT ME
Naoko
Naoko
三十路OL 兼 フリーライター♪ 感じたことを文字で表現します。楽器で表現するのも好き。西洋の文化芸術にルーツがあると信じている関西人です。
亀戸でのバイト探し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です